家庭用プリンタで気になるのはインクの価格です

自宅で簡単に写真が印刷できる。そんな期待を胸に庭用プリンタを購入したものの、純正インクの価格の高さに印刷をためらってしまう方は少なくないと思います。しかも今は、カメラのネット印刷サービスも充実しており、沢山の写真を印刷するケースでは非常にコストが安く済むケースもあります。

又、家庭用プリンタでは少し印刷する度に、プリンタヘッドのメンテナンス機能が働き、その都度インクは減っていきます。逆にもったい無いからといって数ヶ月使用しないでいると、インク自体が使い物にならなくなったり、ヘッドの目詰まりを起こしたり、トラブルが発生してしまう事があります。確かに純正インクは1色1000¥程度はしますし、前色揃えるとなると、5000円は越えてしまいます。しかも数回購入しただけで新しいプリンタを購入出来てしまいます。そこで活用したいのが相互インクと呼ばれるインクです。

これは、プリンタメーカー以外の業者が製造しているといったもので、純正インクと互換性があるインクカートリッジのことです。純正インクに比べると、品質は劣ると言われますが、はっきりいって素人目には解りません。しかも価格は純正に比べ半額以下で購入できるぐらいお値打ちです。

相互インクが登場し始めた当初は色々トラブルがあったようですが、今では各社の技術も向上しており、信頼できる物が多いといえるのではないでしょうか。私も実際に使用していますが、特にトラブル無く使用できています。

又、相互インクを使用するようになってから、気兼ねなくプリントできますので、とても便利です。又、大事な写真などは外注に出す事がありますが、通常の印刷程度でしたらなんら問題ありません。この様に割り切って使えば相互インクはとても経済的なインクといえます。